忍者ブログ
TEAM Big ONEのメンバー釣行記録
[9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010シーズンの幕が開きました。早速12/6にKAZMO師匠と釣行です。
シーズンIN間もないためか、月曜日のためか1番船には10人足らずしかいません。
人が少ないことに驚いていると師匠は「釣れてないから少ないんや」と笑っています。
そんな少ない釣り師の中にSAKOちゃんがいました。そのうちに、1番船にはうちのメンバーしかいないなんて事もありそうな感じです。(彼の大爆釣記録をお楽しみに・・・・)
 
師匠と2人で裏磯に上がります。
しかし、やっぱり、案の定・・・って感じで「やつら」が待ち構えていました。そう、ネンブツダイが磯を包囲していたのです。
釣り人さんの『だから言ったやろ』っていう声が聞こえてきそうな感じです。
いくらやっても、状況が変わらないので弁当船で表に磯変わりです。
 
2人とも初めての磯で、船頭さんにポイントを教えてもらって仕切り直しです。
1投目で30cmのグレをGETしますが、後が続きません。師匠は2回大物をバラしたと、悔しがっています。船着きのポイントに見切りをつけて、師匠の横に入らせてもらいます。しかし、師匠はグレをGETしていきますが、こちらはアタリも出ません。
見かねた師匠が、ポイントを譲ってくれてなんとか30cmを釣らしてもらいました。
それからも師匠ポイントでポツポツと拾い釣りで30~37cmを5枚、40cmを1枚GETしましたが、素針もいっぱい引きました。あまりにも針に乗らないので、ウキが視界から消えるのを待ってから合わせますが、それでも乗りません・・・・
一部始終を見ていた師匠は『まだまだ合わせが早い』と笑っています。
その師匠は、ぶち切っていくような得体のしれないモンスターと闘いながら、着実に枚数を稼いでいきます。上手い人はどこでも釣れるってことですね。さらに潮が変わってからは、「KAZMO ショータイム」で40オーバーを連発で取り込んでいきます。まさに圧巻でした。
また師匠の横に割り込んでウキを流すと、やっと来ました。『これはでかい』と思った瞬間高切れです。あーぁ・・・・
仕掛けを作り直して、再投入でまた来ました。今度は捕れると思ったら、チモトから切れました・・・なんで???
 
最後の2連発は残念で悔しいですが、シーズン最初の結果としては満足です。
201012bom

PR

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/03 釣り人]
[01/03 しろくじら]
[01/02 KAZMO]
[01/02 KEN助]
[01/01 しろくじら]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R