忍者ブログ
TEAM Big ONEのメンバー釣行記録
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12月5日、南紀に行ってきました。
前日とはうって変り、良い天気です。風もなく、表の磯が気持ち良さそうです。
が、気づくとなぜか内磯に乗っていました。そう、釣り人師匠がこの前にようさん釣った磯です。
じきに日も昇り、一投目です。気持ちいいですね~。しかし、エサ取りがいっぱい、赤ジャコが見えています。しゃあないな~と思いましたが、これがすぐに消えました。これはええ感じなんちゃうの?と思っていると気持ちいいウキ入れでコッパが釣れます。期待できそう。
しかし、コッパからサイズアップしません。前日にこの磯に上がっていたKAZMO師匠と先輩からの電話でアドバイスをもらい、ポイント修正すると、これまた気持ちいいウキ入れ!この時期のグレはよく引きますね。引きからして、これは40㎝あるやろ、と思いましたが、タモに収まったのは33㎝でした。その後、同じようなサイズを2枚追加したところで、少し海の感じが変わり、アタリが遠のきます。こんなときに頼りになるのが、釣り人師匠!
いいタイミングで電話をくれます。いつものように、まるで横に立って見ているかのような具体的なアドバイスをくれます。でまた少しポイント修正。しかしこの頃から、エサ取りが活発になってきて、なかなかエサがもちません。しばらくして釣り人師匠から電話、そのときに目の醒めるようなウキ入れ!「来ました!電話切ります!」電話を切ってやり取りを開始します。
かなりの重量感!気持ちええ~!この締め込み、この竿のタタキ!ん?タタいてる?確かにゴンゴン、タタいてます・・・やっぱり、40弱のサンちゃんでした。この後も続けましたが、グレを追加できず、終了となりました。今回も40㎝の壁は超えられず、次回こそ・・・。
20111205150311.jpg




なぜか?画像が反対だったので、そのまま貼り付けです。

PR
しろくじらさんの釣行記録に感化され

KEN助さんには、釣りに行かないのなら
私を師匠と呼べと言われ

もうしばらく、師匠と呼んでほしいと思い
農作業を休み、単独で南紀にGOです。

人の少ない駐車場、変な方向からの風???
船頭さんに、今年は頑張るから、よろしくお願いいたします・・・とあいさつをし
DSCF6459.jpg







早速、磯に乗ります。
厳しい状況のようですが、頑張りたいと思います。
久しぶりの串本を堪能しながらの釣りになります。

集中力がアップしていきます。
Tさんに、先日の状況を確認します。
エサ取りで、厳しいとのこと
かわす方法を考えます・・・・・・・・・・・・
撒き餌との同調を少しずらしながら、最適なリズムを見つけます。
ウキに変化あり・・・・・・・・・軽く合わせると
結構な重量感!!!!!!でも安心!
ハリスは2号をおごっています。
何度かの突込みをかわしながら、浮いてきたのは、40オーバーサイズ
無事にタモに収まります。
久しぶりの釣りは、これからが大変です。
再開までに、時間がかかります。

同じパターンでは、食ってきません。
と・・・・・・・目の覚めるような浮き入れ
!!!!!!!!!
竿が根元から曲がります。
ん????ん、KEN助さん・・・・・・・やり取りの最中に、KEN助さんに報告です。
『師匠、こんなに竿が曲がっています』
『真面目に釣ってください』
とお怒りの返事をいただき、気合が入ります。

やっとの思いで浮かせたのは、45センチぐらいのサンノジでした・・・・・・・・
残念!

それからも、飽きない程度に、竿が曲がります。
気が付けば、終了間際です。
久しぶりの海を堪能して終了となりました。
DSCF6461.jpg







35前後を10枚という良い釣果に恵まれました。
U工場長のお願いもあり、小さいのを数枚ゲットしてきました。
美味しく食べていただけましたか?

次回は、ご一緒しましょう。
K 君に『お前が書いておけ』と言われました・・・・
 
【一泊釣行 初日】
 今シーズン初釣行がK君との一泊釣行になりました。初日のみTさんも参加です。
予定の磯は、強風のためNG・・・・慌てて、どこに降りるかK君と相談です。
Tさんはメンバーが大好きな(?)磯に降りて行きます。
 
 僕たちは次の磯に降りることにしました。強風は相変わらず吹き続けていますが、めげずに僕は船着きポイント、K君は高場ポイントで開始します。
予想どおりにネンブツが毎回釣れてきます。やっと30cmが1枚来ましたが、強風の威力はどんどん増していきます。まるで中紀の磯、いやそれ以上の強風です。
さらに、真横から風を受けることになるので、竿を持つのも大変です。身の危険を感じたK君は、数年前にTAKE君が開拓したポイントに移動します。
少し粘りましたが、本当に怖かったので僕もK君の横に避難します。ポイントを変わってもエサ取りの状況は変わらず、ネンブツ・木っ端グレ・木っ端サンコです。
今度はK君が船着きポイントに移動しましたが、エサは数秒で盗られるし、強風で仕掛け回収はものすごく苦労するし、風はおさまらないしで苦戦しています。
 
 Tさんの磯は風はあるものの、身の危険を感じる程ではない様子で、グレも数枚Keepして、ぶち切っていくヤツも登場とのことで楽しそうです。
 
 僕も船着きポイントに移動しますが、木っ端すら釣れません。もう宿の夕食だけが楽しみって言う気持ちになっていたときに、合わせの音と共にK君の悲鳴が・・・
ラインとガイドのトラブルで大物をバラしたようです。(あとからインターラインを使わなかったことを後悔していました)
大物が来たことで、すっかり無くなっていたやる気が出てきます。
しばらくすると、K君が「前のポイントのほうが、来そうな気がする」といって移動を始めます。7b9842da.jpg
ここを捨てるなんてもったいないことを・・・と思いながらその場所に移って数投目。K君がバラしたポイントを流していたウキが波で左のシモリの真上に。「ここで来てもまず獲れないな」と思いながら見ていると、ウキが入るのと同時に手元までズドンと来るアタリ。「よっしゃ」と「まずい」との思いが交差する中、やっぱりハエズレでハリスの真中からとびました。
急いでハリスをUPして再投入。ウキが軽く押さえこまれますが、そのまま動きません。「あーぁ、エサ取りか、バラした後はこんなもんだな」って見ていると、例の加速しながら入るあのアタリです。合わせると良い重量感と寒の時期とは全然違うもの凄いヒキです。しかし今度は準備万端で合わせているので、楽勝で浮かせてタモ入れ完了!シーズン初グレは46cm!!
続いて33cmGET。K君も37cmをGET。
 
初日の釣果:46、33、30cm各1枚    K君:37、30cm各1枚(ごめん楠本君に合ってるか聞いて)   Tさん:(竹内さんに聞いて)
K君から『大物キラー』の称号をいただきました。
98fda699.jpg
 
【一泊釣行 2日目】
 昨日とは打って変わっての良い天気。風も波もありません。今日は目的の磯にあがります。
僕は船着きで、K君は水道で開始です。木っ端グレが入れ食いです。潮が当たって釣りにくいので、いろんなポイントを回りますが、木っ端とフグしか釣れません。
周りの一級磯も竿が曲がっていません。もうサラシに沈めるしかないって思って仕掛け交換中に、釣り人さんからアドバイス電話。まったく同じ意見だったので、サラシ攻略作戦に決定。
一発目でガツンとくるアタリ。「もらった」と思ったのに上がってきたのは巨大イシガキフグ・・・なんで君がサラシの中からやってくるの?
そうこうしているうちに、サラシが小さくなってきたため、サラシの切れ目の流し釣りに変更、これが大ヒットで30cm前後の同サイズのグレを連発。(今日の状況で30cmあれば文句は言いません)
あっという間に、29~32cmのグレを2桁GET(お土産用に29cmもKeepしました)
サラシでアタリが出なくなった時にTIME UPとなりました。
 
2日目日の釣果:32cm2枚、30cm各5枚    K君:30cm1枚(ごめん楠本君に合ってるか聞いて)  
K君から『木っ端ハンター』の称号をいただきました。
 
 
P.S 数年ぶりに泊った宿でしたが、相変わらず夕食は美味しかったです。少人数ならありかなって思いました。
 
夜勤明けで、SAKOさんと遭遇
今日は何するの?
行く!!
げ・・・・・・
出撃~~~~

少し遅れて~~~~
出撃~~~~

しかし、夕方に用事が入っているので
微妙ですが、楽しみたいと思います。

磯に乗ったのが、10時30分ごろ
さっそく、撒き餌を準備して
一投、気持ち良い瞬間です。
沖を集中砲火します・・・・・・・
が、気配なし、チャリコ・バリコのみ

際にタイミングを見計らって投入
綺麗なウキ入れで、30尾長ゲットです。

しばらくの沈黙の後、綺麗な浮き入れ、シャープな引き
何度も伸されそうになりながら、浮いてきたのは、45センチぐらいのハマチ?ツバス?
それで、終了。
際を見ると、明らかに大きさの違う魚が、しかもコロのカラーではない!!!
チャンス!!
タイミングを合わせると、すぐに食ってきます・・・・・・・・
引きが強すぎます・・・・・・
手に負えません、あえなくラインブレイクです。
潮が速くなってきました。
チャンスとばかりに

ウキをマイナス調整して、流れに乗せていきます。
すぐにラインが走り、ウリ坊ヒット
ウキを微調整して、再度流します。
綺麗なラインの走りで、ハマチゲット、連続ヒットです。
お土産には十分なので際に変更!!
スグに潮の流れが変わり、止まってしまいました。
ボラ軍団集合となり、タイムアップです。
IMG_2315.jpg







ハマチ一本は、SAKOさんに進呈しました。
久しぶりの釣りで、堪能しました。
今年は頑張りたいと思います。
12/12に2週連続でKAZMO師匠と行ってきました。ギリギリまで、表磯か裏磯か2人で悩んでましたが、結局先
週釣った磯の近くに渡りました。  ここまでは、ほぼ予定通りなんですが・・・・師匠はちゃんとグレを釣るのに、こちらは掛けてはぶち切られの連発です・・・確かに「ぶち切っていく訳のわからん下品な魚と遊ぶのが好き」って言ってましたよ・・・でもそれは春秋の中紀の話で・・・・ブツブツ・・・・誰がシーズンインしたホームグラウンドで・・・ブツブツブツ・・・ 師匠は自然体で優雅に釣っているのに、こっちは「下品な魚」と分かっていても、頭に血が昇り、目が血走って、もう必死って感じでした。  結局、獲れた下品な魚は40UPを3枚、ぶち切られは多分10回前後、グレは39と30の2枚だけでした。
 
結果報告したときの釣り人さんの「何してんねん、へたくそ」の罵声が耳でこだましています。 来月の一泊釣行の初日も師匠が遊んでくれることになりました。
 
今度こそ・・・・・ To Be Continued 


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/03 釣り人]
[01/03 しろくじら]
[01/02 KAZMO]
[01/02 KEN助]
[01/01 しろくじら]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R